よくあるご質問

Q:バーチャルオフィスは何ができますか?

A:HPや名刺に掲載する住所をご提供させていただきます。また弊社の場合、オプションをつけることで登記登録も可能です。
自宅住所を公開したくない方や、支店として活用したい方、ブランド力の向上に活用できます。

Q:同じ住所に複数の会社が登記して大丈夫ですか?

A:会社名が違えば同じ住所でも複数の会社の登記登録に問題はございません。
本店所在地は番地まで記載しなければなりませんが、ビル名やマンション名、部屋番号などは記載しなくても登記登録することができます。

Q:バーチャルオフィスでも銀行口座を開設することはできますか?

A:バーチャルオフィスでも銀行口座を開設することは可能です。
犯罪に使用されたことのないバーチャルオフィス住所を利用し、
上記のポイントを押さえれば、バーチャルオフィスでも口座開設できる可能性がぐんっと上がります。

①法人の固定電話番号を用意する
②法人用のWebサイトを用意する
③本店所在地の最寄りの銀行で開設する
③個人口座を開設している銀行で開設する
⑤事業内容の説明、理念をしっかりと説明する

会社としての信用が無い起業直後は、個人の信用度が審査基準になりますので、
銀行窓口での対応や、書類準備などを必ず万全にしてから口座開設申請を行ってください。

Q:いつから利用可能?

A:申し込み手続きから、最短で当日からご入居頂くことができ、日割り計算も可能です。

Q:審査とは?

A:審査は内覧時に必要書類をお持ちであれば30分程度、必要書類を後日郵送していただく場合には3営業日、お時間をいただきます。

サービスが不適切、オフィス組合のブラックリストに載っている、などの理由により、お断りする場合もございますので予めご了承ください。

Q:審査に必要な書類って何?

A:必要な書類は2パターンの契約形態により、変わります。

【法人として本契約を行う場合】
・印鑑登録されている印鑑
・商業登記謄本および印鑑登録証明書
・代表者の住民票抄本若しくは写真付き身分証明書の写し
・その他、本契約にあたり必要と認めた物(サービス内容の確認が出来るチラシ、HPなど)

【個人若しくは個人事業主として本契約を行う場合】
・印鑑登録されている印鑑
・住民票抄本若しくは写真付き身分証明書の写し
・印鑑登録証明書
・その他、本契約にあたり必要と認めた物(サービス内容の確認が出来るチラシ、HPなど)

Q:入居者の主な業種は?

A:士業・コンサルタント・講師・IT・コーチ、など、個人の力を活かしてビジネスをされている方が中心です。そのため、入居者のネットワークが非常にビジネスに役立ちます。

Q:貸し会議室は、いつでも予約できる?

A:貸し会議室は、Web上でいつでも予約することが可能です。土日・祝日はご予約が多くなっておりますので、お早めにお申し込みされることをオススメいたします。
会議室予約

Q:喫煙スペースはありますか?

A:3階に喫煙スペースがございます。

Q:待合室はありますか?

A:3階に自動販売機と、簡易テーブルのご用意がございます。

Q:郵便物/宅配物は受け取ってもらえますか?

A:はい、郵便物は自動転送されます。
また宅配物が届いた際には、伝票をメールにてご連絡いたします。(その伝票を元に、ご自身で受け取って頂く形になります)。

Q:個人で契約した後に法人化した場合、切り替えは可能?

A:問題ありません。ただし、法人化後に覚書をご記入していただきます。

Q:最低契約期間はありますか?

A:初回3ヶ月以降は1ヵ月毎の更新となっております。

Q:支払いはどのようになりますか?

A:初回3ヶ月分は銀行振り込みでお手続きいただきます。
その後1ヵ月にクレジットカードにて毎月26日に引き落としとなります。
月会費は前払いになります。

Q:解約はどうしたら出来る?

A:初回3ヶ月以降は解約月の前月までに担当のスタッフへご連絡いただければ解約が可能になっています。
例:4月末解約希望の場合は、3月末までにご連絡が必要

Q:オプションの092電話番号取得はどれくらいでできますか?

A:最短で翌日から提供することが可能です。初めに候補番号4つの中からお選びいただきます。

お問い合わせや内覧申し込みはこちらのフォームから

PAGETOP